HDR!!

HDR!!

まぁ、画像加工といえば『HDR』ということでディズニーシーで撮った画像がどう変化するか書いてみたいと思います。

通常はブラケットで撮影した画像を合成していくのですが、パーク内は三脚使えないのでRAWで露出だけを調整した画像を3枚(±0・+2・-2)用意しました。

adobeのCameraRAWで3枚の画像を作成します。

今回は露出以外は一切調整していません。

拡大してもちょっと調整バーが見にくいですが・・・。

作成した画像がこれ(RAW→JPEG ±0)

続いて+2EVの画像を作成します。

作成した画像がこれ。

続いて-2EVの画像を作成します。

作成した画像がこれ。

この3枚を『Photomatix』でHDR合成をします。

最初はHDR合成ではなく、露出合成してみます。

3枚の画像に適当に名前を付けて、選択します。

編集画面に5つの選択項目があり、今回は派手な画像を作成する為に『ハイライト&シャドウ 調整』を選択しました。

画像は平均を選択しているので、調整項目はありませんが『ハイライト&シャドウ 調整』を選択すると各種調整をするスライドバーが出てきます。

自分の好みに調整して名前を付けて保存。

出来た画像がこれ。

一応比較の為に調整バーは触りませんでしたが、前回の設定が残るのかプリセットのままなのかはちょっと忘れました。

空が暗いので実際に加工する際は、調整しないとですね・・・。

最初に合成用に作成した±0の画像が元画像ですので、かなりの変化です。

比較の為に再度載せます。

続いてHDR合成です。

露出合成と同様に用意した画像を選択します。

『OK』をクリックすると、以下の画面が出ます。

必要項目にチェックを入れて『OK』をクリックして合成開始です。

チェックが多いとかなり時間が掛かります。CPUのパワーがモロに出ちゃいます。

そうすると以下の画面になります。

自分の好みに合うように調整をして保存で完了です。

重たいですがTIFFで保存して後でリサイズやファイル変換をフォトショなどで行う方が画像劣化を防げるかもです。

HDR合成した結果がこちら。

こちらも元画像と比べてかなり派手な画像になりました。

もう少しコントラストを調整した方が、画が締まると思います。

他の設定はそのままにしてホワイトバランス(色温度)だけを調整すると夕方になります。

見にくいですが、上の画像との違いは色温度の調整だけです。

合成後の画像がこちら。

作例でよくある絵画風のど派手なHDR画像も調整次第で作成可能です。

今回は±2EVでの3枚で合成しましたが、自分の好みの仕上がりや画像の明暗度差によって合成する露出は調整した方がいいです。

特にありがちな作風に仕上げる場合は、かなり合成する画像の露出がキーになります。

Photoshop CS5はかなりHDR機能が強化されているようですので、CS4からのアップグレードが済んだらPhotomatixとの比較で作例をアップしたいと思います。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

タグ

トラックバック & コメント

トラックバック URL

コメントはお気軽に


»
«